採用情報

採用情報

【2017.03.01】
2018年新卒採用に関しては、右側また文末のマイナビのバナーをクリックしてください。
トップメッセージ
継承の務めを果たすには、「変化」と「不変」の両立が重要です。

歴史や知名度があるから安定した企業だろうという考えは持たないでいただきたいです。ナカモは一途に守り続けるものがある一方で、変化に対応しながら攻めの姿勢を常に意識しています。変わる事を望まず、安定だけを望む方には当社は向いていないと思います。「つけてみそかけてみそ」で当社の知名度は飛躍的に上がりましたが、そのことにあぐらをかくことなく常に謙虚で真摯に消費者のみなさまに美味しくて安全な商品をお届けする企業を目指しています。

ナカモについて
「つけてみそかけてみそ」をご存知の方も多いと思いますが、ナカモという会社は実は1830年(天保元年)の創業で、初めは白みそを作っていました。当時はナカモと言えば白みそで有名でした。1931年に愛知県の西枇杷島町の工場で豆みそ(赤みそ)をつくりはじめました。
1994年に発売された「つけてみそかけてみそ」が大きな反響をいただきました。飛躍的に売り上げが伸び、たくさんの方にナカモという会社を知っていただくことができました。会社の知名度も上がり大きな会社だと思われがちですが、社員数は約40名の小所帯です。歴史のある会社ですが、30代の社員が多く社長も40代ということもあり、若手社員もバリバリ活躍しています。
先輩社員の声
サークルで飲食店を経営。そこから食への興味が膨れ上がった 営業部 東日本広域担当 サブリーダー

私は学生時代にサークルで飲食店経営をしていました。これは商店街活性化を目的としており、経営的な業務や現場での接客など、プレイングマネージャーとして立ち回ってきました。この活動から食への興味が湧くのは必然で、食品関係に絞って就活を始めたのは言うまでもありません。とはいえ、世の中には食品会社は膨大にあります。そんな中でも私は名古屋圏でビジネスを展開する地元メーカーを中心的にリサーチ。調べてみると、この地域にも優良なメーカーがたくさんあり、工業的なモノづくり文化だけでなく、食のモノづくり文化も盛んであることがわかりました。

 実は私の祖父は、東北で醸造業に携わっており、醸造に関しては私もひときわ興味を持っていたので、結果的にそれがナカモを選んだ決め手になったと思っています。醸造マンの血が私にも流れたということでしょうか。営業という職種に関しては、やはり飲食店経営をしていたことで、人との関わりの楽しさを知っていましたから、就職先でも人との関わりは自分の中では外せない要素として確立されていました。

営業のノウハウをじっくり段階的に学ぶことができる
入社当初は、岐阜エリアの担当でした。ナカモは創業歴が長いので取引先とは長きにわたっておつきあいがあります。ですからまずはルート営業ということで、既存のお客さま先であるスーパーマーケットを中心に訪問。スーパーマーケットは営業中にうかがうことになるので、お相手の担当者の繁忙時間を避ける必要があります。初めは、そのタイミングがうまくつかめず苦労していましたが、繁忙時間が過ぎるのをただ待つのではなく、その間に別の取引先へ出向くなど、ルートを適宜調整するなどして、1度の外出で多くのお客さまとお会いできる計画立てを行うよう努力していました。入社時は客先数を少なく設定してもらえるので、私のように営業のノウハウをじっくり段階的に学ぶことができます。

 岐阜エリアの次は、三重、東三河、静岡県西部など、担当エリアが変わっていきました。本社から距離のあるエリアの担当になると、時間の使い方にいっそうシビアになり、効率的に動く術を自ら見出していきました。手ぶらで帰って来るということは論外で、必ず次のビジネスにつながる情報をつかむよう、お客さまとの会話の運び方にも変化が生まれたと感じています。

提案を行ってより商品を購入していただくことが腕の見せどころ
現在私は東日本広域担当ということで関東と東北が営業エリア。数年前の名古屋めしブームの勢いからこれまで以上に東の方にもPRをしていくということですが、まだ東北に関してはナカモの知名度は高くありません。当然、東海圏で交渉するより難易度が上がりますが、そこがおもしろいところだと感じられるようになったのは、私自身の成長と言えます。

 ちなみに、訪問するたびに商談になるということもありません。まずは情報抽出が何より重要。お客さまがどの時期にどんな商品を売り場に並べたいかを日々の訪問によってうかがうようにします。例えば冬。鍋の季節ということでスーパーマーケットでは、鍋の特設コーナーが設置され、関連商品が並びます。そういったイベントの情報などを引き出して、納入数を上げていただく交渉に取り組む必要があるのです。また、オリジナルのレシピをこちらでご用意して、食材と合わせて売り場に並べていただくご提案をするなど、こちらから売れる仕掛けを考えるのも一手です。

 これまでの営業経験から、多くのエリアにおいて看板商品の「つけてみそかけてみそ」の知名度は高いことがわかりましたので、最初は交渉のステージには上がりやすいと感じました。しかし、ブランド力に頼るだけでは絶対に商品は売れ続けません。積極的な提案を行ってより多くの当社商品を購入していただくことが営業の腕の見せどころであり、課せられたミッションです。

エントリーや詳細情報はこちらから

マイナビ2018

採用情報

マイナビ2018